子どものおもちゃはジャンルで分けて収納!子どもが自分で片付けられる環境作り

小さな子どもがいる家庭では、おもちゃを片付けても片付けても、すぐに散らかってしまいます。

おもちゃが散乱した部屋はストレスだし、なるべく子どもが自分で片付けられるような習慣をつけたいですよね。

そのため、子どものおもちゃ収納はすっきり見えてわかりやすい収納がベスト!

すっきり見えてわかりやすい収納にすることで、子どもが自分でおもちゃを片付けることを助け、ママのイライラも軽減されます。

今回の記事では、すっきり見えてわかりやすい収納のステップ1として、おもちゃをジャンルで分ける方法を紹介します。

もくじ

すっきり見えてわかりやすい収納って?

おもちゃの収納は、子ども目線で考えます。

特に次の3つの視点は大切です。

  • おもちゃは子どもが自分で取れる位置
  • おもちゃの定位置が決まっている
  • 子どもがおもちゃを取り出しやすく、戻しやすい

おもちゃを使うのは大人ではなく子ども

複雑な収納は子どもの遊びや片付けの意欲を削いでしまいます。

そして、子どもにとってわかりやすい収納はシンプルなので、結果的に部屋をすっきり見せることができます。

子どもにとっても親にとっても嬉しいですよね♪

3つの視点について具体的に説明していきます。

おもちゃは子どもが自分で取れる位置

おもちゃは子どもが自分で取れる位置に収納しましょう。

子どもの身長よりおもちゃの位置が高いと、子どもからおもちゃが見えにくく、子どもの手がおもちゃに届きにくいことが考えられます。

すると、子どもが遊びたいベストのタイミングでおもちゃを取ることができません。

「あのおもちゃ取って」と遊びにワンクッション入ることは、集中していた遊びを途切れさせてしまいます。

遊びに大切なのは「遊び込むこと」と保育の世界ではよく言われます。

遊び込むことが子どもの集中力や想像力を作っていきます。

おもちゃはぜひ、子どもが自分で手に取れる位置に収納しておくことをおすすめします。

おもちゃの定位置が決まっている

おもちゃの定位置が決まっていると、遊びたいおもちゃがどこにあるのか子どもが把握できるのですぐにわかります。

片付けも早いです。

「片付けは早く終わるもの」と子どもの中で意識付けされていると、片付けも億劫にならず、子どもが進んで片づけをしてくれます。

子どもがおもちゃを取り出しやすく、戻しやすい

子どもがおもちゃを取り出しやすく、戻しやすいことは重要です。

かごの中にめいっぱいおもちゃを入れて収納していると、遊びたいおもちゃがかごの下の方にあった場合、全部おもちゃを出さなければ取ることができません。

目的のおもちゃを取り出すために他のおもちゃを一度かごから出して戻すという作業は、大人でも面倒です。

子どもにとってなるべく遊んだり片付けたりするためのアクションを減らしてあげることは大切です。

おもちゃをジャンルで分けるときの注意点

おもちゃをジャンルで分けるときに注意しておくことは、細かく分けすぎないこと。

細かく分けすぎてしまうと、片付けるときに逆に大変になり、子どもが片付けを嫌がってしまいます。

おもちゃの収納の基本は、子ども目線。

我が子の姿や片付けに対する関心度から考えて調整しましょう。

保育の現場でも、クラスの子どもの姿からおもちゃの配置・内容を成長に合わせて1年間で何度も変えています。

おもちゃをジャンルで分けてみよう

おもちゃは子どもの「遊び」で分ける

おもちゃのジャンル分けは、子どもの「遊び」で分けていきます。

下記に我が家を例に、娘のおもちゃを分けてみました。

我が家の場合
(4歳女の子)

その他は、分類が難しいおもちゃ。

分類するほどでもないおもちゃのグループです。

一緒に遊べるおもちゃはまとめる

一緒に遊べるようなおもちゃはまとめてOK!

まとめたほうが、子どもにとってわかりやすい場合もあります。

先ほどお伝えした、「細かく分けすぎない」というポイントにも当てはまります。

我が家では、制作系のもの、ままごと、お人形遊びのものはそれぞれまとめて収納しています。

使わなくなったおもちゃは潔く処分

その他のジャンルにも入らないような、年齢に合わないおもちゃ使わなくなってしまったおもちゃは潔くさよならしましょう。

しかし、捨てようとしても、子どもが「捨てたくない」と言う場合もあります。

そういう場合は、きちんと理由を説明して納得させてあげるか、別の入れ物を用意して、そこに一時保存。

子どもが忘れた頃にこっそり処分しています。

リサイクルする場合も「小さいお友だちにあげてもいいかな?」「○○ちゃんはもうお姉さんになったから、小さいお友だちに使わせてあげよう」など声をかけてあげると、子どもは安心します。

おわりに

子どもの収納を考えるとき、収納するための棚やケースに目がいきがちです。

しかし、まずは家庭にあるおもちゃに目を向けてみましょう。

おもちゃをジャンルで分けてみたとき、そのジャンルごとのおもちゃの量はどのくらいあるでしょうか。

おもちゃをジャンルで分けることは、子どもにとっても、モノが把握できたり自分で行動できるというメリットがあります。

まずはおもちゃに向き合って、使わないおもちゃは処分し、必要な分の収納グッズを購入することをおすすめします。

収納グッズに関しても、また記事にしていけたらなと思います♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

子どもと楽しむ心地いい暮らし - にほんブログ村
もくじ