おもちゃの与えすぎは子どもに悪影響?3つのNGな理由と対処法

子どものおもちゃって、気づいたらあっという間に増えますよね。

おもちゃ屋さんだけでなく、ショッピングモール、家電量販店、スーパーやコンビニ。

今は、あらゆる場所でおもちゃが売られています。

意図的に避けて通ろうとしても、子どもはおもちゃが売られている場所をしっかり把握済み。

「これ買って!」とねだられて、買わないと最終的に泣いて騒ぎ始めたりなんかして。

むやみに与えるのは良くないと思いつつも、これくらいなら…とついつい買ってしまうこともしばしば。

私たち親は、なんとなく感覚的に

おもちゃをむやみに与えることは、あまりいいことではない。

と知っています。

だから子どもにおもちゃをねだられると、そこに迷いが生まれるんですよね。

では、具体的に子どもにおもちゃを与えすぎることで、どのような影響があるのでしょうか?

結論からお話すると、

おもちゃを与えすぎることは、3つの悪い影響を子どもに及ぼす可能性があります。

今回の記事では、子どもにおもちゃを与えすぎることによる、3つの悪い影響を詳しく説明していきますね。

もくじ

おもちゃの与えすぎがNGな理由

物を大事にしなくなる

おもちゃを買ってもらえることが当たり前になってしまうと、一つのおもちゃに対する愛着が低下してしまいます。

「壊れても平気」
「なくしても平気」

だって他にもおもちゃはたくさんあるし、また新しく買ってもらえばいい。

欲しいおもちゃが簡単に得られる環境では、このような思考に陥りやすくなります。

危険なのは、おもちゃの扱い方だけに限らず、生活の中でも「物を大事にする」という気持ちが薄れてしまうことです。

おもちゃを乱暴に扱ったり、雑に扱ったりする子どもは、自分の持ち物にも執着心がありません。

すぐに物をなくしたり、壊したり。

おもちゃの与えすぎだけが原因ではないですが、その要因の一つではあります。

集中力を弱めてしまう

目の前にたくさんのおもちゃがあると、次から次へと新しいおもちゃに興味が移っていきます。

すると集中して遊び込むということができません。

遊び込むって何?

遊び込むとは【子どもが主体的に遊びに入り込むこと】です。

  • 考えたり工夫したりする力
  • 挑戦しようとする力
  • やり遂げる力

など、将来的に「学びに向かう力」を助ける基盤になります。

ブロック、積み木、プラレール、トミカ、おままごと、他にも色々な楽しいおもちゃが目の前にあるとしましょう。

Aくんは、例えばその中から、ブロックで遊ぶとします。何を作ろう?車を作ろうかな。そんな風に遊びを始めました。

その後、なんだか上手く車が完成しません。

Aくん

あれー?なんだか難しいな。
上手く作れないから、違うおもちゃで遊ぼうっと。

他にもおもちゃがたくさんあることで、すぐに諦めてしまいます。

また、車が完成したとしても、完成したことで満足したり、飽きてしまったりして、すぐに違う遊びに移行してしまいます。

一方、遊び込めている子どもは、

  • 上手くできないなら、違うやり方で作ってみよう。
  • 車が完成したから、次は道路を作ろう。
  • 何を作ったらもっと遊びが楽しくなるのかな。

という思考で、考えたり遊びを発展させたりすることができます。

kaoru

比べてみると、差は大きいですよね。

片付ける習慣が身に付きづらい

おもちゃが少ないと、収納スペースにも余裕があります。

おもちゃで遊んだあとは、子どもが自分で片付けやすく、片付けようという気持ちに持っていきやすいです。

逆に、既におもちゃで溢れかえっている収納スペースでは、子どもは片付け方に悩み、片付けが面倒になってしまいます。

Aくん

どこに片付けたらいいのかな?
おもちゃがいっぱいでわからない!

結果的に自分で片付けようとしなくなり、片付けの習慣が身に付きづらくなります。

子どもが片付けないのには理由があるのかも、と立ち止まってみることも大切です!

もしかしたら、おもちゃが多すぎて、片付け方がわからないのかもしれません。

おもちゃが増えてしまった時の対処法

それでもおもちゃは増えます。

誕生日、クリスマス、お祝いなどの時に、子どもへ何かプレゼントを贈りたい、と思うのは親の愛ですよね。

増えすぎたな、と感じた時には、子どもと一緒におもちゃを選択していきながら、断捨離しましょう

  • 子どもが成長し、遊ばなくなってしまったおもちゃ
  • 子どもの興味がなくなってしまったおもちゃ
  • 破損、故障してしまったおもちゃ

などを中心に、おもちゃの収納を見直していきます。

増えすぎてしまった時はもちろん、定期的に行うことで、子ども自身が考える機会になったり、片付けやすくなったりするので、オススメです。

さいごに

いかがだったでしょうか?おもちゃの与えすぎによる悪影響を改めて考えてみると、少し怖いですよね。

しかし、決しておもちゃ自体が悪なのではなく、おもちゃの与えすぎはちょっとまずいぞ、ということです。

我が家にもおもちゃはたくさんありますが、実はそこまでおもちゃの出番はありません。

我が家の場合、私がフルタイムで働いているので、保育園から帰宅する時間は18時。

そこから、夕飯を食べてお風呂に入って…としていると、平日はほとんどおもちゃで遊ぶ時間がないのです。

休みの日には、朝からおもちゃで遊びますが、散歩へ行ったり遊びに出かけたりすることも多いので、やはりおもちゃの出番は少ないです。

すると、いつもお気に入りのおもちゃでしか、遊んでいないことに気づきます。

おもちゃを買ってもらった瞬間は嬉しいでしょう。

しかし、その熱はすぐに冷めてしまう。

  1. 「今日はおもちゃは買わないよ」と事前に約束する
  2. 「誕生日(クリスマス)はこのおもちゃにする?」と話をもっていく
  3. 「自分のお金で買うならいいよ」と否定はしないで本人にゆだねる

おもちゃとの付き合い方を見直しつつ、おもちゃを購入する時には、家庭でのルールなどを決めておくといいですよね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

子どもと楽しむ心地いい暮らし - にほんブログ村
もくじ