断捨離で育児と家事のイライラを減らそう。子育てに断捨離がオススメの理由

子どもが産まれてから、物がどんどん増えて、なんだかいつも部屋が散かっている。

そんな状況にイライラしたり落ち込んだりしていませんか?

子育て中だからこそ、断捨離で家の中をスッキリさせて、育児と家事のイライラを解消

させましょう!

断捨離は、子どもにとってもメリットがあるんですよ♪

今回は、子育て中のママが断捨離によって得られるメリットについて紹介していきます。

もくじ

断捨離とは

断捨離は、もともとヨガの思想「断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)」の頭文字を取った言葉です。

  • 「断」=不要なモノを断つ
  • 「捨」=不要なモノを捨てる
  • 「理」=モノへの執着から離れる

断捨離とは、不必要なモノを捨てて、モノへの執着から離れることで、身軽で快適な生活と人生を得ようとする思想です。

断捨離のメリット

時間に余裕がうまれる

断捨離をして、スッキリとした部屋での生活は、片付けにかける時間が少しで済みます。

また、物の場所が把握できるようになるので、探し物をする手間を省くことができます。

片付けや探し物にかけていた時間があれば、子どもと遊んだり、自分の趣味に使ったりもできますよ。

ただでさえ、主婦には自分の時間がほとんどありません。

断捨離は、掃除や片付けに費やしていた時間を、有意義な時間に変えることができます。

物の管理がしやすくなる

断捨離をして不必要な物がなくなると、当たり前ですが、物の数が減って、把握、管理がしやすくなります。

  • 自分の持っている服の把握ができていなくて、似たような服を買ってしまった!
  • 洗剤やラップなどの日用品のストックを、まだストックが残っていたかどうかが分からずに、買い物ついでにとりあえず買って帰ってみたらやっぱりあった!

なんてことはないですか?

しっかり把握、管理ができていると、そのような失敗もなくなります。

ストックしておくのは1つに限定して、なくなったらまた1つ買い足す、というのも物を増やさないコツです。

お金が貯まる

部屋がスッキリしてくると、物への執着心もなくなり、本当に必要な物だけを買おうとする意識も働くようになります。

  • とりあえず買おう
  • これでいいや
  • あったら便利かもしれない

断捨離する前はこのような思考で物を買う人もいると思います。

しかし、断捨離をした後では

  • これって本当に必要かな?
  • これが気に入ったから買おう
  • 家にあるもので工夫して使えないかな

と考え方も変わってきます。

立ち止まって考えることで無駄な買い物が減るので、お金も貯まりやすくなります。

気持ちがスッキリして前向きになれる

断捨離をしてスッキリするのは、部屋だけではありません。

断捨離をすると、気持ちもスッキリして前向きになれます。

片付いて整理整頓されている部屋は、気持ちがいいですよね。

断捨離後の部屋は、必要な物しか置かれていないので散らかりにくく、少し片付けるだけで、常にスッキリとさせることができます。

気持ちがスッキリして前向きになってくると、生活に対する活力が生まれたり、家族に優しくできたり、なにか新しいことにチャレンジしよう、という気持ちが出てきたりと、何事もいい方向へ向かいやすいです。

自己肯定感のアップにも繋がっていきます。

ストレスが減る

子育てにおいて、イライラしたり、モヤモヤしたり、何事にも悩みは尽きません。

しかし、断捨離をして整頓された部屋では、家事の時短ができたり、自分の時間が増えたりなどのメリットによって、楽しみも増え、子育てのストレスが軽減されます。

イライラしてしまっている自分に落ち込むのではなく、断捨離をして気持ちをスッキリさせていきましょう!

小さい子どものいる家庭ならではのメリットも!

誤飲を防ぐ

小さい子どもがいる家庭で、気を付けなければいけないことの一つに誤飲があります。

誤飲:食べ物以外の物を誤って飲み込んでしまうこと

部屋が散らかっていると、ちょっと目を離した隙に赤ちゃんが誤って口にしてしまう危険性もありますよね。

そうならないためにも、あらかじめ、小さな子どもの手の届く場所には、飲み込む可能性がある物を置いておかないことが必要です。

子どもが自由に遊べる環境

小さな子どもは好奇心が旺盛です。

自分で動けるようになってくると、興味のある物に触れて感触を確かめてみたり、口にしてみたりすることは自然なことで、とても必要なことです。

「触っちゃダメだよ」と注意するよりも前に、触ると危険な物、困る物は取り除いておくことで、ママにとっても子どもにとってもストレスがなくなります。

安心して子育てができる環境作りは、断捨離をする、しないに関わらず大事にしたいですね。

子どもの自立を促す

整理整頓された環境では、子どもが自由におもちゃを選べたり、片付けられたりすることができます。

整いすぎた環境は、子どもにとっては知的好奇心を損なうと言われていますが、親が子どもの「したい」と思う気持ちを汲み取ってあげれば大丈夫です。

  • 興味のある遊びをメインに、子どもがすぐに手に取れる場所に置く
  • 子どもが興味をもちそうな物(工作道具、廃材、絵本)を置いておく
  • 子どもが片付けやすいような収納にする

などの工夫をすることで、子どもが自分で考えて遊び、楽しむことができます。

最後に

いかがでしたか?

断捨離は、家の中をスッキリさせるだけでなく、家事の時短になったり、気持ちを前向きにさせてくれたりします。

子どもにとっての影響を考えても、断捨離は、子育て世代にオススメしたいポイントです。

忙しい中での断捨離は大変です。

一気に断捨離してしまおうとはせずに、狭いスペースから少しずつ始めてみましょう。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

子どもと楽しむ心地いい暮らし - にほんブログ村
もくじ